フォークリフト特別教育について

フォークリフト特別教育について

1トン以上の荷重を運ぶことのできるフォークリフト免許を取得する場合には「運転技能講習」というものを受講しなければなりませんが、1トン以下の荷重のものに制限されるフォークリフトの免許を取得する場合には「特別教育」というものを受講することになります。

この特別教育の受講資格は運転技能講習のものとさほど変わりません。

受験時に満18歳以上でなければならず、都道府県労働局長登録教習機関や企業などによって講習は行われます。

しかし運転技能講習と比べると、その必要な時間と期間は断然少なくなります。

規定で定められている特別教育に必要な時間数は12時間。

そしてこれを2日間かけて行われることになります。

最大35時間が必要とされる運転技能講習を考えてみると、この特別教育の時間は非常に少ないものと感じるのではないでしょうか。

また普通自動車免許を持っている場合はこの12時間が10時間とさらに短くなります。

運転技能講習と同様、特別教育も学科と技能講習が行われます。

そして全ての講習が修了すると試験が行われ、無事合格することができれば修了証明書が発行されるという流れになります。